得点力不足解消へ。ファームで好調な野手は誰か。

スポンサーリンク

 昨日までの阪神三連戦で今シーズン初の負け越し。投手陣はよく投げているのですが、深刻な得点力不足が問題です。

 開幕してからまだ3カード終わったところで騒ぐことはないですが、選手層の薄さによる代打の層の薄さは調子どうこうの前に単純に駒が足りていません。

 今シーズンから福留選手が復帰して、頼れる代打が1人といったところでしょうか。井領選手はもう一皮むけてほしいですが、レギュラーとして打席数を経験しないと代打としても迫力には欠けますね。あとは一軍に帯同している選手では打撃好調の滝野選手。昨日の初スタメンでは結果は出ませんでしたが、打撃センスの片鱗は感じられます。

二軍で調子のいい選手はだれか

では今一軍にいない選手で、状態のいい選手はいるのでしょうか。

スポンサーリンク

内野陣

 まずは内野陣の成績はこちら。

好調なのは石垣選手、溝脇選手。ここ何年も一軍での活躍が期待されている選手たちですが、一軍定着とはなっていません。二軍で打っても一軍では数少ないチャンスしかなく、結果が出ない。結果が出ないと追い込まれて、もっと結果が出ない。という負のスパイラルになってしまいがちですよね。打てなくても何試合、何打席は使い続けるから気にせず自分のバッティングをしていいよ、と起用できればいいんでしょうが、なかなかそんな枠も余裕もなく難しいですね。

外野陣

 続いて外野陣。

 個人的な期待の選手は、伊藤康祐選手。体は小さいですが、身体能力の高い選手です。根尾、岡林が注目されて、なかなかスポットライトが当たりませんが、近い将来やってくれると思います。

 遠藤選手は開幕前は好調だったのですが、最近はいまいちみたいですね。外野の守備固めでの起用が多かったですが、武田選手にとってかわられましたね。遠藤選手は守備よりも、打撃がアピールポイントだと思ってます。というか、いつの間にか守備専みたいなイメージがつきましたが、もともとは打撃ですよね。真っ直ぐに強く、ここぞの代打で期待したい選手なので、上がってきてもらいたいですね。

外国人選手

 二軍での出場はありませんが、やはり一番期待値が高いのは外国人選手ですね。A.マルティネスとガーバー。この二人が待たれます。今の打線には一球間違えたらやられるなという怖さがないので、怖さが足りないと思うので、外国人がアクセントとしてどんと構えてほしいです。ビシエド選手の負担・気負いも減って相乗効果が期待できると思います。 

 二軍にいる選手たちもシーズン通して、どこかで必ず力が必要とされる場面が来ると思いますので、その時まで牙を磨いてほしいです。

以 上 

コメント

タイトルとURLをコピーしました