5/23 中日Vs巨人【選手調子】久しぶりの快勝!チーム状態は上向き。内容のある勝利でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日の試合結果

 

 123456789
巨人0010000001
中日0300001004

 

 福谷(6) – 福(0.2) – 谷元(0.1) – 又吉(1) – R.マルティネス(1) = 桂(6) – 木下拓(3)

 采配に変化が出始めてから昨日・一昨日と勝ちという結果が出ていませんでしたが、今日は見事な快勝でした。

 最近の選手起用や采配が続けば、今日のような試合が増えてくると思います。例年通りシーズン序盤躓きましたが、ここから巻き返しとなりそうです。

5/23 スタメン 試合前調子・成績 

  調子最近の
出塁率
打率出塁率本塁打盗塁
8大島0.50.3280.3805
6三ツ俣0.3340.2780.26100
7福田0.2150.230.3311
3ビシエド0.3080.2520.29950
5高橋周0.6930.2690.33211
4阿部0.4620.2250.27220
9根尾0.50.2060.26810
200000

 三ツ俣選手・桂選手がスタメン起用となりました。

 京田選手は最近はそこまで悪くなかったのですが、三ツ俣選手のここ2試合の代打での結果が勝ったのでしょう。

 木下拓選手は最近の調子から今日は休みかなと思っていましたが、桂選手とは予想していませんでした。今シーズン初スタメン。アピールできるでしょうか。

5/23 試合後の選手成績・調子

捕手

 調子防御率最近の
出塁率
打率出塁率
木下拓3.16200.2470.309
0.9000
石橋2.5720.20.1670.215

詳細成績(捕手1,2軍)はこちら

 桂選手今シーズン初スタメンとなりました。打撃では3-0とアピールとはなりませんでしたが、守備では福谷投手を6回1失点と好リード。先発陣の中で奪三振率が一番低かった、福谷投手が今シーズン最多の8奪三振を奪いました。

内野手

 調子最近の
出塁率
打率出塁率
京田0.3850.2490.291
高橋周0.750.2780.346
阿部0.4170.220.271
高松0.1250.2110.273
三ツ俣0.3340.250.26
ビシエド0.50.2670.311

詳細成績(内野手1,2軍)はこちら

 ビシエド選手は今日は3安打1HR2打点。完全にスイッチが入りましたね。ヒットの内容を見てもビシエド選手らしい強いライナー性のあたり、逆方向へのあたりが出てきました。

 高橋周平選手5試合連続、四死球&ヒット中ここ3試合7打数4安打5四死球出塁率.750と絶好調です。

 三ツ俣選手は1,2打席目はフルカウントまで粘っての凡退。3打席目は四球を選んで出塁。4打席目はしっかりバント。ヒットはありませんでしたが、全打席内容のある2番打者らしい活躍でした。

4,5番のビシエド・高橋周平が絶好調。得点力に直結。

 外野手

 調子最近の
出塁率
打率出塁率
福留0.6670.160.289
大島0.4290.3260.377
武田00.2310.231
根尾0.50.2080.268
滝野00.1180.118
井領0.2730.30.364
福田0.2310.2310.327

詳細成績(外野手1,2軍)はこちら

 福田選手はツーベース1本の内容でしたが、凡打の内容が良くなっているように見えます。

 根尾選手は今日はタイムリーヒット1本で、これで3試合連続ヒット。根尾選手がナゴヤドームで打点を挙げると6連勝中みたいですね。

スタメン野手はみんな好調。福田選手も上向きの兆し。

リリーフ投手

 調子最近の
防御率
登板防御率奪三振率
R.マルティネス0171.0812.96
祖父江11.58194.55.07
又吉0220.895.76
0182.646.59
藤嶋0151.116.06
谷元0192.466.75
鈴木博16.2155.036.28
橋本2.7131.4311.37
近藤

 詳細成績(リリーフ投手1軍成績)はこちら

 8回まで勝っていれば、勝利を確信できる又吉・ライマルの安定感です。課題は7回ですね。今日は福投手・谷元投手の継投でしたが、ここが安定してくると完璧です。

 ライマルが明日から抜けるということで、さらにリリーフ陣には頑張ってもらわないといけないですね。福・祖父江投手の復調や、藤嶋・橋本投手の台頭。新戦力のロサリオ投手などライマルの穴を埋めてくれる活躍を見せる選手が出てくることに期待です。

まとめ

 チームの調子が上がってきたところで、来週から交流戦+ソフトバンク戦ということで一気に流れを止められないか不安ですが、ドラゴンズ投手陣は12球団でもトップレベルだと思います。戦えるだけの力はあるはずです。

 交流戦ではセ・リーグ内で差を詰めれるチャンスなので、頑張ってもらいたいですね。

 以 上

コメント

タイトルとURLをコピーしました