中日【先発投手/調子】表ローテしかない、先発陣の現在の調子。月間MVPの大本命も。

スポンサーリンク

5/31現在 先発投手陣/調子

 調子最近の
防御率
防御率平均
投球回
奪三振率
大野雄5.5233.56.757
勝野4.96333.835.37.87
福谷2.08343.665.756.45
0.82411.636.7810.78
小笠原1.93322.555.897.14
梅津1.929011.9294.676.75
ロドリゲス3.858013.8585.847.72

詳細成績(先発投手)はこちら

どちらが裏ローテかわからないほど、素晴らしい投手が揃っているドラゴンズの先発投手陣。

各投手の調子

右のエース・柳投手は開幕から1試合で4失点以上の失点がなく、安定した投球を続けています。オープン戦の不調で心配されていたことが遠い昔のことのようです。

5月の月間成績は3試合で2勝をマーク。1試合平均7回以上の投球回を投げ、自責がたったの2。防御率は驚異の0.82です。

防御率だけ見れば次点はDeNA/濱口投手の1.38なので、断トツの値だということが分かります。これは月間MVP間違いないのではないでしょうか。

福谷投手・小笠原投手は一時期失点が続く試合が続きましたが、ここ3試合の防御率福谷投手/2.08小笠原投手/1.93と両投手とも落ち着いてきました。

大野投手は前回登板で大炎上かつ、上肢のコンディション不良で抹消の時期があっただけに、少し不安です。梅津投手も前回登板で突如ストライクが入らない症状を見ると少し不安が残ります。

ただ両投手ともポテンシャルは高いので、次の登板或いは、その次の登板当たりでは修正してくるでしょう。

交流戦首位を走るチームにふさわしい、投手力です。

以前の記事で与四球数の記事を書きましたが、与田さん・阿波野さん・赤堀さんと2軍投手コーチ含め投手陣の整備は素晴らしい成果を生んでいます。

さらに、2軍には8登板で5勝をあげ、防御率0.77と絶好調の岡野投手が控えています。心強い限りです。

野手の月間MVPは?

最近好調のドラゴンズ。野手でも5月になって状態を上げてきたビシエド選手阿部選手が月間MVP狙えるのかなと思って調べてみましたが、とんでもない成績を収めた大本命がいました。

5月セ・リーグ最高打率の打者はヤクルト/塩見選手月間打率.383と異常な成績です。

ドラゴンズの選手も、月間打率はビシエド選手/.321、阿部選手/.306と悪くないのですがとても及びませんでした。

まとめ

5月の月間MVPは投手/柳選手、野手/塩見選手になりそうですね。

毎試合勝利を期待できる先発陣です。それだけに接戦が増え、勝ちパターンの疲労も出てくると思うので、そのあたりリリーフ陣もうまくローテを組みながらやり繰りしてほしいですね。

あとは野手が大量得点を取って大勝するか、逆に大敗するかをうまいことしながら、適度に休みながら2勝1敗を続けていけることが理想だと思います。

以 上

コメント

タイトルとURLをコピーしました