4/10 Vs ヤクルト @ナゴヤD △ 2-2

スポンサーリンク

 

 123456789
ヤクルト0002000002
中日1000010002

 

  △ 2-2 柳(6回)- 福(1回)- 又吉(1回)- 祖父江(1回)= 木下拓(8回) – 桂(1回)

 再三のチャンスを作りながらの引き分けとなりました。チーム状態が悪い中、負けがつかないだけでよかったのですが、勝てるチャンスが何度もあっただけに、負けに等しいような引き分けとなってしまいましたね。

スポンサーリンク

今日のポジティブ

 柳: 前回登板から引き続きの好投を見せてくれました。OP戦での不調が心配されましたが、もう大丈夫そうですね。試合中の表情を見ても気迫を感じられます。柳の代打で出るバッターは簡単には凡退できないプレッシャーを感じられます。今日は福留が見事ヒットを打ってチャンスを広げました。今日も勝ちはつきませんでしたが、試合を作ってくれました。次回登板こそは柳の気迫に応えて野手陣が勝ちをつけてほしいです。

 大島: 苦しんでいる打線の中で、開幕から好調をキープしています。ヒットだけでなく、ファーボールも選べるのが頼もしい限りです。今日は得点には結びつきませんでしたが、盗塁も決め元気な姿を見せてくれています。怪我さえしなければという選手なので、この調子で1年間トップバッターとして引っ張ってもらいたいです。6回の満塁では打てませんでしたが、大島が打てなければ仕方ないと諦められます。

 : 今年は昨シーズンの疲れを考慮して調整を遅らせていたので、状態が心配されていましたが、最近は力強いボールを投げているように見られます。登板間隔に余裕を持たせて大事に起用してきた結果ですね。リリーフ投手は勤続疲労が心配されますが、今年も昨年同様一年通しての活躍を期待したいです。

 又吉: 安定感抜群ですね。今年はセットアッパーとして勝ちパターンでの起用が続きますが期待に応えるピッチングを続けています。もともと力のあるピッチャーなので、勝ちパターンに入って大事に起用されれば結果は出してくれますね。タフで一年間通しての活躍もある程度計算できるのは心強いですね。

まとめ

 不調気味だった打線では高橋周平も2安打、福田にも初ヒットが出て、阿部も2安打2四球と結果は出しています。木下拓も鋭い当たりのヒットで2安打。ここ三試合では出塁率5割と絶好調です。

 これだけの選手が結果を出して再三のチャンスを作っただけにあと一本が出なかったですね。

 今日は試合終盤に京田に代打を送るといった今までにはなかった采配が見られましたが、今後もこのような柔軟な采配が見られるといいですね。代わりに出場した三ツ俣選手にはアピールのチャンスでしたが、打席も回らず個人的には残念でした。チャンスで代える選手を2番スタメンで起用するのは矛盾している気もするのですが、明日のスタメンはどうなるのでしょうか。

 我慢強く起用することも大事ですが、競争を促すことも大事だと思います。若手選手は結果が出ずにコロコロ変えてしまっては落ち着いてプレーできないので我慢強く起用することが大事だと思います。一方で長いこと出ている選手は、結果が出なくても固定で起用されるとチームの士気にも影響するのではないでしょうか。一番近くで見ている首脳陣が決めていることなので、試合しか見ていない外野がとやかく言えることでもないですが。

 明日は小笠原投手。今日と同じく好投している先発投手を見捨てるようなことにならないように、策を練ってほしいところです。チーム状況が悪い中負けないことは大事ですが、勝つために必死に投げている投手が報われてほしいです。

以 上 

コメント

タイトルとURLをコピーしました