4/14 Vs 巨人 @東京D ● 1-5

スポンサーリンク

 

 123456789
中日0000000011
巨人00500000×5

 

  ● 1-5 勝野(4回)- 鈴木博(2回) – 橋本(2回)= 木下拓(4回) – 石橋(4回)

 ドラゴンズファン試されてますね。何を応援すればよいのか、5点差となって何を期待してみればよいのか、さっぱり分かりません。勝野投手序盤は素晴らしいピッチングしてましたけどね。残念な結果となってしまいましたね。でも、勝野投手を攻める気持ちにはなれません。おそらく1点取られた時点で「あー負けた。終わった。」と思ったことでしょう。1点取られようが、5点取られようが同じことです。1点も取れないのだから。本当にプロ野球球団なのかが疑われます。

 ただ、どれだけ弱くてもファンをやめることができないんですよね。イライラ試合を繰り返されても毎日結果を見てしまうんですよね。病気ですね。ファンがストレスでおかしくなる前に何とかしてほしいです。

スポンサーリンク

今日のポジティブ

 鈴木博: 4月1週目くらいまでは、下位跨ぎでの登板にも関わらず、登板間隔が短くて疲労が見えていましたが、最近は登板機会も少なく状態が戻りましたかね。2回無失点。素晴らしい投球でした。今シーズンの投球を見ると、本来であれば勝ちパターンで回ってもいい投手だと思いますね。ただ、ライマルの復帰で勝ちパターンに余裕ができ、かつチーム状態的に勝ちパターンの出番はしばらくなさそうなので、仕方ないですね。こんな負け試合での登板はもったいないのですが。

 大島: 1人、気を吐く2安打。先頭バッターとしては非常に仕事してくれているのですがねー。後ろを打つバッターが情けなさすぎます。ホームランバッターでもないので一人では点とれませんからね。変に気負って調子狂わないようにもう淡々と打ってほしいですね。

 A.マルティネス: 9回のホームラン。もう完全に負けを確信し目を離していましたが、待望の今シーズン初ホームラン&初ヒットとなりました。ホームラン打てるバッターがいないですからね。どんどん強いスイングで相手にプレッシャーをかけてほしいです。

 石橋: 今シーズン初ヒットが出ました。ドラゴンズ野手陣で数少ない力強いスイングができるバッターです。関一の時からいいキャッチャーだなと思っていました。期待しています。こういうチーム状況ですし、キャッチャーだけでなく、ファーストとかでも出番増やしてほしいですね。

まとめ

 試されてますね。ポジティブ要素も本当になくなってしまいそうなほど暗闇です。選手は何を考えているのでしょうか。暗いムードのままでは誰も解決してくれません。誰かが打破してほしいです。

 二軍では岡林選手が4安打に、土田選手がホームランと明るい話題がありますね。こういった若い選手が台頭してくるのはあと何年後でしょうか。楽しみですね。

 明日は福谷投手。1点取られたら終わりという非常に正気の薄い打線となっています。勝つためには、野手陣の目を覚ますくらいのすさまじいピッチングをするしかないですね。まあピッチャーが打たれても何にも文句はありませんよ。1点取られた時点で負けがよぎるチームですから、1点取られた時点で気持ちが切れますよ。本当に打線。何とかしてください。 

以 上 

コメント

タイトルとURLをコピーしました