4/6 Vs DeNA @ナゴヤD ● 3-7

スポンサーリンク

 

 123456789
DeNA0010040027
中日00000300×3

 

  ● 3-7 大野(6回)- 岡田(0.1回)- 藤嶋(0.2回)- 谷元(1回)- 鈴木博(0.2回)- 橋本(0.1回)= 木下拓

 悔しい三連敗となりました。エース大野先発で、本拠地ナゴヤドームということで勝ちを計算できる試合でしたが、残念ながら敗戦となりました。

 それにしても点が入らないですね。3回に1点先制された段階で、あぁ終わったな感を感じました。現状の打線はそう思えるほどの得点力のなさです。投げているピッチャーも1点取られたら負けるという、プレッシャーがさらなる失点につながるという負の連鎖が生じています。

スポンサーリンク

今日のポジティブ

 阿部: 追いつくチャンスであった8回の併殺打は痛かったですが、今日は2安打と復調の兆しを見せてくれました。ビシエド選手の前を打つバッターの出塁率が得点力に直結すると思うので、2番起用の多い阿部選手の復調はチームの得点力不足解消に直結するのではないでしょうか。

 谷元: ピンチは作りましたが、ナイスリリーフでした。ピンチを作っても試合を崩さず、つなぐ姿は頼もしいです。前回登板も失点はしましたが、最少失点で切り抜けましたね。こういったリリーフ陣の頑張りが、勝利につながります。

 高橋周平: 今日2安打。打ってくれなければ点が入りません。その調子で頼みます。

まとめ

 先週まで粘り強く、試合を作ってきてくれた投手陣も崩れてきてしまいましたね。

 鈴木博投手は使いすぎではないでしょうか。勝ちパターンは大事に使いますが、鈴木博投手は状態が良く使い勝手が良いのもありますが、登板過多気味です。今日は勝ちたかった試合なのはわかりますが、正直9回2点差で残りの攻撃は下位打線ということを考えれば、勝ちの望みは薄かったです。であれば、最初から橋本投手でよかったのではないかと思いました。

 打線が打たないから、1点も与えてはいけないというプレッシャーで失点を重ねる、負のスパイラルです。去年もありましたね。去年はアルモンテが復帰して、2番アルモンテの起用でチームが息を吹き返しましたね。

 打線もチームが得点できないと、俺が打たなきゃと思い、普通に打てるはずのバッターの調子が狂って、より打てなくなってしまう悪循環が生まれてしまいます。そんな中、去年はアルモンテがいてくれたおかげで、みんなの負担が軽くなって好循環が生まれていたように見えました。

 今年はアルモンテがいません。A.マルティネス、ガーバーの一刻も早い1軍合流が待たれます。頼れるバッターが一人打線に加わるだけで、ガラッと変わるはずです。

 正直現在のチーム状況で明日勝てるぞという材料が少なく、4連敗が怖いです。大野投手で初戦を落とすとカード全敗が見えてしまう裏ローテ。明日の勝てるイメージが浮かびません。どうしようもないですがシーズン序盤なので、チーム状態悪い中でも少しでも勝ちを拾って、今後の上昇に備えたいですね。

以 上 

コメント

タイトルとURLをコピーしました